貯金を考えることは人生を考えること

貯金はあなどれない。

貯金を考えることは人生を考えること。

お金の使い方にはその人の生き方そのものが表れると
つくづく思う。

稼いだお金をどのように振り分けるのか。

肉体を維持するために、食費、光熱費、家賃などに
振り分けることは必要不可欠。

そして余ったお金をどう振り分けて、貯金にまわすのか。

「この趣味ははずせない」
「友達とも旅行に行きたいし」
「ジャケットも新しいのがほしいな」

貯金にまわすと、いつも使っていたものに
お金が回せなくなる。

優先順位を決めなければならない。

「友達づきあいと、趣味、どっちを削ろうか?」
「週2回の習い事を1回にしようか?」
「友達に正直に話して、今年の旅行を来年に
変更してもらえるか頼んでみようか」

自由に使えていたお金に制限がかかることはひどくつらい。

でも貯金はやはり必要。

予備の貯えがないと、どん底まで落ちてしまうこともある。

職を失ったとき、無職で暮らしていける貯えが1ヶ月
しかないのと、1年くらい余裕があるとで、再就職を
考えるときに大きな差が出てしまう。

「トラブルに遭ったときこそ冷静さが必要」

「余裕」はメンタルだけでは厳しい。
「お金」という実体が必要。

貯金額は二の次。

まずは「貯金しよう」と決意して、
毎月少額でもいいから貯めていこう。

すべてはそこから始まる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント